記憶を呼び起こす

相変わらず特に変わった日常が無い日々です。

今日も何も無し!って事を書くのもなんなんでお休みしていた期間の事を思い出してみました。

そしたら何個かはあったんですね。

今日はそんなお話。

以前にも自分のバイクの話を書いていると思うんだけど、純正から変えたマフラーだと極端に朝一のエンジンの始動性がわるくなっているんです。

今購入して4年でマフラー変えて3年なんですが交換したバッテリーは4個です。

メーカー品のバッテリーだと約1万5千ぐらいするんですね。これが毎年となると結構サイフに優しくないんですね。

今後の事も考え購入店に調整を依頼してみてもらう事にしたんです。

そして純正マフラーも一緒に持っていき行き約2週間みてもらいました。

結果純正のマフラーだと始動性抜群!マフラーを変えると極端に悪くなる。想像するに抜けが良すぎるのではないか!?

って事で燃料を一番濃くしてみたら始動性は良くなるんだけどアイドリングが安定しない。濃度が濃すぎてバックファイアーする。車検に通らないなどの問題があるので、アイドリングが安定してバックファイアーしない、車検にギリ通るぐらいの調整にしたそうです。

ヤマハにも問い合わせをしてみたらそういった事を言われる事もあるけど解決策は今のところないそうです。

結局問題究明して解決には至らなかったので調整代は無料でいいですと言われた。

なんかものすごく気の毒に思えたので今度また購入するときはまたココで購入しようと思った。

まぁ調整に出す時にエンジンをかけるコツとして、軽くアクセルを開けてセルを回すとかかりやすいと言ったら引取りに行った時に、『たしかにそうですね!今はそのやり方が一番いいかもしれないですね』との事だったので今でもそうやってエンジンを始動しています。

ネットでいろいろ調べた結果自分だけではなく数人は同じ人がいるみたいで、どうやらそのバイクの持病みたいな感じだそうです。

タグ:

コメントは受け付けていません。